不動産に関係する資格について

ビル

不動産会社に就職や転職をしたいと考えている人は必ず不動産に関係した資格を持っておかなければいけなくなります。
必ず持っておかなければいけないのは「宅地建物取引主任者」と「普通自動車運転免許」となっています。
この2つは必要不可欠となっていて、保有していないと業務を行う事ができないです。
「宅地建物取引主任者」は不動産の業務を行うために必ず持っていなければいけなく、試験の難易度は普通になっていてしっかりと勉強を行えば取得する事ができます。
普通自動車運転免許についてはMT車の車を運転する事になるためAT車の免許しか持ってない方については限定解除を行う必要があります。
取得しておいた方が良い資格としては「土地家屋根調査士」、「マンション管理士」、「建築士」、「測量士」、「任意売却取扱主任者」、「住宅ローンアドバイザー」、「インテリアコーディネーター」、「ビル経営管理士」等になっています。
他にも沢山あり、インターネットで検索すると詳しい詳細を紹介しているWebサイトが複数出てくるため参照する事が可能となっています。
転職や就職を有利にしたいのであれば活かせる資格を取得する事をおすすめします。