不動産資格の種類や傾向について

ビル

不動産に関する資格は時代の変遷に連れて様々なものが設置され、その内容も細分化される傾向にあります。
早くから設置されていたものとしては取引に関連する宅建や社労士・不動産鑑定士といったものが挙げられ、現在でも人気資格の一角を占めています。
一方、近年人気があるものの1つとしてはマンション管理士の例を挙げる事が出来ます。
マンションで暮らす人の割合は10人に1人に至るとされ、専門的な建物管理・トラブルの解決に当たる人材のニーズが増加した為に設置されたものです。
広く関連業務を扱う資格については、取得難易度によって業界での就業を目指す段階から、独立開業等を見据えた本格的な専門家を目指す人にまで取得ニーズがあって、広く知られたものとなっています。
一方で近年になって人気が出ているものは認知度はまだ高くないケースもありますが、実務的な経験を問うような試験のものが多い事から業界での注目度は高く、キャリア形成と経験の証明にはピッタリと言えます。