革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

不動産 資格

ビル

宅地建物取引士は、不動産関係の資格で一番有名な資格ではないでしょうか。
 宅地建物取引士は宅建士と略称されますが、宅地建物取引業法によって、宅地建物取引業者には宅地建物取引士を置かなくてはならない法的義務が課せれれています。
 従って、町の不動産屋さんには、最低一人の宅地建物取引士がいることになります。
 宅地建物取引士とは、家を買うときだけでなく、家を借りる時にも接することになります。
 仲介や代理を行う業者は、法律上、賃借物件や契約条件に関する重要事項の説明をする義務がありますが、この重要事項の説明は、必ず、宅地建物取引士が内容を記載した書面に記名押印し、その書類を交付して、口頭で内容を説明しなくてはならないからです。
 アパートやマンションを借りたことのある人は少なくないと思いますが、一度でも賃貸物件を借りたことがあれば、宅地建物取引士と接したことがあるということになります。
 同じ不動産の資格でも、司法書士や土地家屋調査士が、家を買ったり家を担保に入れたりするときにしか縁がないのと比べ、家を借りる時にも必ず接することになる宅地建物取引士は、一般市民にとって非常に身近な存在と言えるでしょう。

実績豊富な大阪の便利屋

探偵 神戸|浮気調査に強い兵庫の興信所はアーチネクスト

警察では動いてくれないこともアーチネクストなら叶えられる
お話だけでも京都の当探偵事務所にお聞かせください

裁判に勝つための証拠集め
ベテラン調査員だからこそ見つけ出すことができます

大量の品物のある家の遺品整理も対応可能です
神戸のSYCクリーンサービスならお値段変わらずお片付けできます

最新ページ

ほほえむ女性

不動産に関係する資格について

不動産会社に就職や転職をしたいと考えている人は必ず不動産に関係した資格を持っておかなければいけなくな

葉っぱ

不動産においての国家資格

不動産業に就こうとしていたり、またはキャリアアップを狙ったりする際に重要な資格があります。

ほほえむ女性

不動産資格の種類や傾向について

不動産に関する資格は時代の変遷に連れて様々なものが設置され、その内容も細分化される傾向にあります。<

髪を掻き上げる女性

不動産関係の仕事には欠かせない資格

不動産関係の仕事に就きたいと考えているのなら、取得しておきたい資格は宅地建物取引主任者です。

Menu

新着情報