不動産においての国家資格

ビル

不動産業に就こうとしていたり、またはキャリアアップを狙ったりする際に重要な資格があります。
それが宅地建物取引主任者です。
これは国が定めている国家資格であり、一度合格すると基本的には永久に自身のものになります。
宅地建物取引主任者を取得している方はかなりたくさんの方がいるのですが、過当競争にはならないものなので、できるだけ取得をしておくと便利です。
さらには不動産業に従事していなくても、自身が家を買うときや、ビジネスを始めるときなどに使える知識もあるので、幅広い方が受験されるのです。
試験は年に1回だけあるので、この日に標準を併せて勉強をするのですが、国家試験ということもあり、ある程度の時間は必要になります。
そして合格点はその年の平均点にも影響されるので、一概には言えないのですが、概ね35点以上であれば合格率は高いと言われています。
試験の範囲は幅広く、すべての分野で満点を取るとなると相当量の勉強が必要になります。
合格を目的とするのであれば、得意分野を持ったうえで8割くらいの知識を身につけるのがベストです。